【店舗経営者向け】思わず注文したくなるメニュータイトル3つのポイント


1507113295180105-thumb-815xauto-19199

コピーライターのなかむらです。

お店のメニュー名を決める時や商品名を決める時、「どう決めたらいいのかなー」と意外と悩むものです。

中には
「メニュー名なんてなんでもよくない?」
とおっしゃる方もいますが、そんなことはありません。

店頭にメニュー表をだしたり、黒板をだしているお店をよく見かけますが、メニュー表や黒板には「集客効果」があります。

お店にはいるかどうか、迷っている人の背中を押す力がメニュー表や黒板にはあります。
優れたメニュー名には集客効果があるわけです。

たとえば、
「奇跡のミルクを使った至高のカフェラテ」
と書かれているお店を見かけたら、コーヒーを飲みたい人は気になるでしょうし、足を止めて「飲んでみたいな」と思わせることができます。

たとえば、「イチゴパフェ」を「1年に3日しか採れない幻のイチゴを使ったパフェ」に変えたとしたら、いつもは3品しか頼まないお客さんが「このデザート美味しそう!」と4品目を注文することだってあります。

このように、メニュー名に魅力をだすことで、集客効果や売上を増やす効果が期待できます。

では、メニュー名を考える際、どのようなことに注意したらいいのか?

そこで今日は「思わず注文したくなるメニュータイトル3つのポイント」についてご紹介したいと思います。

5感を意識させる

メニュー名を見ただけで「美味しそう」と思わせるには、5感を意識させること。
これができるだけで、メニューが一気に魅力的になります。

たとえば、

・10種の野菜と果物をじっくり煮込んだ絶品カレー
・ほっぺたが落ちる牛ホホ肉の赤ワイン煮
・お箸では持てないとろとろビーフシチュー


などのように、料理をしている過程が見えたり、お箸で持っているシーンをイメージできるなど、5感を使って具体的にイメージさせることで、思わず「美味しそう」と感じるメニューになります。

・チャーハン
・パラパラチャーハン
・黄金パラパラチャーハン


このように、同じチャーハンでも、少し言葉を足すだけで美味しそうに感じる効果があります。

これは飲食の話だけでなく、たとえばマッサージだとすれば、
「30分マッサージ」よりも「肩こりをもみほぐす30分マッサージ」のほうが気持ちがよさそうに感じます。

話は戻りますが、重要なことは、「メニュー名だけで食べているシーンを想像させる」ということ。

そのために、5感を意識することを忘れないでください。

産地やこだわりをいれる

次のポイントは、産地やこだわりをメニューの中にいれることです。

たとえば、

・朝採れ野菜を使った新鮮サラダ
・○○県産の黒鶏を使った唐揚げ
・名水で淹れるこだわりコーヒー


など、こだわりポイントや産地などをいれることで、料理の価値がグッとあがります。

「1日10食限定」などのように、限定性をだすのも効果があります。

「本日仕入れた築地直送の海鮮丼(10食限定)」などのように新鮮さと限定性をうまく組み合わせると、より魅力がでます。

「日本酒に合う」「ダイエットに最適」のように、その方の状況に合わせた言葉をいれるのも1つの方法です。

「ビールを飲むならまずはこれ!」と書かれてるメニューがあったら、ビールを頼むほとんどの人は気になります。

素材や調理法にこだわりがあるなら、ぜひメニューにも加えましょう。

「人」をだす

これはメニュー名というよりも、メニューの補足として使う言葉に使えるテクニックです。

たとえば、「お店オススメの杏仁豆腐」ではなく、「バイトのかっちゃんオススメ杏仁豆腐」のように個人をいれることで、信頼性が生まれやすくなります。

また、「バリスタが淹れるコーヒー」「〇〇大会優勝シェフが作るパリパリピザ」のように、作り手を強調するのもおすすめです。

それだけで料理の価値が上がりますし、料理もお店も魅力的になります。

思わず注文したくなるメニュータイトル3つのポイントまとめ

・5感を意識させる
・産地やこだわりをいれる
・「人」をだす


いかがでしたでしょうか?

たかがメニュー名と思うかもしれませんが、そんなあなたにこそ試してみてほしいポイントです。

メニュー名だけで集客を増やすことも売上を増やすこともできます。

なにせ、私たちはメニュー表に書かれている「言葉」を見て、頼むものを決めていますからね。言葉が変われば頼むものも変わりますし、頼むものを増やすことだってできます。

1品だけでもいいので、ぜひお試しください。

文章の基本を学びたい方は以下の記事もオススメです。
■【文章の基本】人は感情でものを買い、理性で納得させる
■【集客コピーライティング】人を集めるための文章3つの基本

徹底的にブログ文章を極めたい方はこちらがオススメです。
■1記事で1万人を集めた「こぴたつ式」ブログ文章の書き方


こぴたつ式「売れる文章が生まれる10の質問集」


文章を書いていると、行き詰まる時があります。どうしたら反応率のいい文章になるのか?どうしたら売れる文章になるのか?

そんな時に役立つ「売れる文章が生まれる10の質問集」です。


・反応率をもっとあげたい
・文章に行き詰まった
・商品やサービスを見直したい
・何から書いたらいいのか迷う


など、文章を作る際の問題点を解消するための10の質問です。
質問に答えると自然と「売れる文章」になっていきます。ぜひ、ご活用ください。



無料EBookをダウンロード

SNSでもご購読できます。