【ブログユーザー必見】「行動が起きない文章」と「行動が起きる文章」の違いって?


PAK86_yarinaoshiwomeiji20140125-thumb-815xauto-17141

コピーライターのなかむらです。

「記事を書いても書いても読者が行動を起こしてくれない」
という経験はないでしょうか。

あなたの文章は「行動が起きる文章」になっているでしょうか。
それとも、「行動が起きない文章」のままでしょうか。

あなたの読者が行動を起こさないのは、あなたの文章に「あるもの」が足りていないから。

まず、知るべきことは、「行動の源泉」について。

痛みから逃れるか?快楽を追求するか?

すべての行動の源泉は、
「痛みから逃れるか」「快楽を追求するか」
のどちらか。

痛みから逃れるとは、たとえば

・腰痛を治したい
・クリスマスを1人で過ごしたくない
・借金を返済したい

などなど。

快楽を追求するとは、たとえば

・世界の絶景を見に行きたい
・彼氏彼女といちゃいちゃしたい
・もっと自由な生活を送れるようになりたい

などなど。

読者が行動を起こすには、「痛み」または「快楽」のどちらかが必要です。非常に大切なことなので、頭のど真ん中にこの知識を埋め込んでおいてください。

感情のバランスを壊す

次に必要なのが、感情的なバランスを壊すこと。

1402165331eopfr感情的なバランスが取れている場合、行動は起きません。

しかし、いったん感情的なバランスが崩れると、必死にそのバランスを取り戻そうとします。

それが「行動」です。

ほとんどの販促は、まわりと同じ商品を、まわりと同じように伝えています。

しかし、これでは感情のバランスは崩れません。

たとえば、彼氏がいる人に「あなたの彼氏浮気してるよ」と言うと、動揺します。感情のバランスが乱れます。

デスクワークの多い人に「1日に6時間以上座っていると死亡リスクが40%増大するよ」と言ったら、聞き流せなくなります。
そして、「どうすればいいの?」とその解決方法を探し、対策を実践しようと「行動」します。

このように、あなたの文章で読者の感情バランスを壊さない限り、行動は起きません。その感情とは、先ほどお伝えした「痛み」または「快楽」のどちらか。

どちらかの感情を刺激する。そして、バランスが崩れた後に解決策を提示する。

すると、行動が起きる文章になります。

限りある解決策がさらに人を動かす

たとえば、タイタニックが沈没する際、

1:救命ボートがたくさんある場合
2:救命ボートが限られている場合


どちらが乗客の行動を促すでしょうか?

数が限られている場合ですね。なぜなら、数が限られていることで、命が助かる可能性が低くなるからです。

解決策は限りがあるほうが、人の行動を促します。できるだけ限定したほうが効果があります。

感情のバランスが崩れた後に、解決策を。そして、いつでも誰でも解決できるのではなく、希少性・限定性を。

これが、「行動が起きる文章」にするコツです。

まとめ

・すべての行動の源泉は、「痛みから逃れるか」「快楽を追求するか」のどちらか
・感情のバランスが崩れると、行動を起こす
・解決策は限りがあるほうが効果がある


いかがでしたでしょうか。

まわりと同じようなブログで、同じような文章では、読者の感情は崩れません。感情が崩れない限り、行動を起こしません。

まずは「読者の感情を動かす」ことを意識してみてはいかがでしょうか。文章が激変します。


こぴたつ式「売れる文章が生まれる10の質問集」


文章を書いていると、行き詰まる時があります。どうしたら反応率のいい文章になるのか?どうしたら売れる文章になるのか?

そんな時に役立つ「売れる文章が生まれる10の質問集」です。


・反応率をもっとあげたい
・文章に行き詰まった
・商品やサービスを見直したい
・何から書いたらいいのか迷う


など、文章を作る際の問題点を解消するための10の質問です。
質問に答えると自然と「売れる文章」になっていきます。ぜひ、ご活用ください。



無料EBookをダウンロード

SNSでもご購読できます。