【文章の鉄則】売れるコピーライター=お客様


0I9A444015032150wakaranai2-thumb-815xauto-18911

コピーライターのなかむらです。

今日ご紹介するお話は「釣り」のお話です。

「え?釣りの話なんて興味ないんですけど」と思いましたか?
おっしゃることはよくわかりますが、焦らないでください。

別に釣り方の話をするわけではありません。釣り竿の話でもありません。

売れる文章を書くためのお話です。
ただ、そのためにはどうしても「釣り」のお話をご紹介する必要があるのです。

この先を読み進めていけば、
「あー、なるほどね」
と文章の本質を理解することができます。

釣れるつり人と釣れない釣り人の違い

1つ質問です。

「よく釣れる釣り人と釣れない釣り人の違いが何かわかりますか?」

いかがでしょうか。

実は、この質問の答えに売れる文章の秘密が隠れています。

ちなみに答えは、
「魚の気持ちがわかるかどうか」の違いです。

よく釣れる人は、自分を「釣り人」と思っていません。

では、何と思っているのか?
自分のことを「魚」だと思っています。

逆に釣れない釣り人は、自分のことを「釣り人」だと思っています。これが大きな違いです。

アメリカの実業家、デール・カーネギーは次のように語っています。

「私はいちごミルクが大好物だが、魚はどういうわけかミミズが大好物だ。だから魚釣りをする場合、自分のことは考えず、魚の好物のことを考える」

魚を釣るには、魚の好きな食べものを考え、生活リズムを考え、行動の習性を考える必要があります。

魚の気持ちを一番よくわかっているのは誰でしょうか?
水族館の人でしょうか。研究者?博士?どれも違いますね。

魚の気持ちを一番理解しているのは「魚」ですね。

だから、よく釣れる釣り人は自分のことを「魚」だと思っています。
だから、魚のことがよくわかり、他の人よりも釣ることができます。

では、売れるコピーライターは、、、

「売れるコピーライターは他の人と何が違うのか?」

ここまでくると、もうおわかりかもしれません。
そうです、コピーライターは自分のことを「セールスレターを書く人」とは思っていません。

自分のことを「お客様」だと思っています。

もう少し言い換えると、自分のことを「お客様」だと思い、自分に宛てて文章を書いているような感覚です。

「それ、本当なの?」と疑う気持ちもよくわかりますが、
そうしないと、売れる文章は書けないのです。

自分が好きだからと言って、同じものを相手も好きだとは限りません。

あなたがラーメンの味噌味が好きで「これ美味しいです」とすすめたとしても、あなたのお客様は味噌味が好きではなく、醤油味が大好物かもしれません。

あなたのお客様が普段何を考えているのか、解決したいことは何か、他の人に言えない悩みは何か。

それを知っているのはお客様です。

売れるコピーライター=お客様

だから、売れるコピーライターは「お客様」になる必要があります。

気持ちを理解し、悩みを理解し、欲を理解する。

「お客様になる」ことが、売れるコピーライターに求められる鉄則です。

「そんなこと言ったって、お客様になれるわけないじゃん」
とお考えですか?

もちろん私たちはお客様になれません。脳を入れ替えることもできません。

ですので、私たちがするべきことは
「もっともっともっとお客様を理解する」
ということなんです。

お客様の行動、思考、悩み、不安、その全てを理解する。そのために、

・お客様と話す(または聞く)
・アンケートをとる
・お客様が普段読みそうな本や雑誌を読む
・お客様の普段の行動と同じことをしてみる
・ダイエットで悩んでいるなら、自分もダイエットをしてみる


などなど、普段からお客様に歩み寄るクセをつける。
すると、お客様が理解できるようになり、いい文章が書けるようになります。

文章の鉄則であり、効果抜群の方法ですので、小さいことからでもいいのでぜひお試しください。
(手っ取り早いのはアンケートです)

お客様について、さらに理解を深める場合はこちらの記事が参考になります。
■5つの欲を使って人の心を動かすには?
■文章を書く前に知っておきたい「人間の欲」3つの特徴

徹底的にブログ文章を極めたい方はこちらがおすすめです。
■1記事で1万人を集めた「こぴたつ式」ブログ文章の書き方


こぴたつ式「売れる文章が生まれる10の質問集」


文章を書いていると、行き詰まる時があります。どうしたら反応率のいい文章になるのか?どうしたら売れる文章になるのか?

そんな時に役立つ「売れる文章が生まれる10の質問集」です。


・反応率をもっとあげたい
・文章に行き詰まった
・商品やサービスを見直したい
・何から書いたらいいのか迷う


など、文章を作る際の問題点を解消するための10の質問です。
質問に答えると自然と「売れる文章」になっていきます。ぜひ、ご活用ください。



無料EBookをダウンロード

SNSでもご購読できます。