「今の若いヤツラは…」と決めつける心理効果「確証バイアス」とは?【コピーライティング×心理学】


確証バイアス


コピーライターのなかむらです。

「星座占いを信じますか?」と聞くと「良かった時だけ信じる」なんて答える方いますよね。

 今日の血液型占いでも、今月の星座占いでも、良ければ信じるのに悪いと「そんなの当たるわけないじゃん」と否定したりします。

これは性格などの問題ではなく、人は自分にとって都合の良い情報だけを集める傾向があり、この心理効果を「確証バイアス」と言います。

似たような心理効果で、以前ご紹介した「ハロー効果」というものもあります。

「今の若いヤツラは」という決めつけは確証バイアスが影響している

上司や先輩たちから「今の若いヤツラは…」「昔はもっとなぁ…」と言われることってありますよね。もはや定番のセリフです。

実はこれも確証バイアスが影響しており、固定観念でどういう人間かを決めつけています。

「若い」というだけで「こんな人間に決まっている」という偏った判断をしています。

・政治家は悪いに決まっている
・うちの会社はリストラなんてしない
・○○出身に悪いやつはいない

これらもすべて確証バイアスによる、偏った決めつけです。(ホントのところはどうかわかりませんが)

「男なんてみんなそんなもんよ」
「女って大体こうだよね」

という考え方も一種の決めつけですよね。自分のこれまでの経験や得た情報で考えが固まってしまっており、中立的な判断ができなくなります。

「な!言ったとおりだろ?」と言いたい

そして、人は自分にとっていい情報ばかりを集めます。

逆に言うと、自分にとって都合の悪い情報を集めることはせず、結果的に偏った判断になります。

たとえば、友人と何か言い合いになった時、自分の意見に賛同してくれそうな人にだけ意見を求めたりします。

自分の主張を裏付ける情報だけを集め「な!言ったとおりだろ?」と言いたいのです。

つまり、正しい判断ができない状態。
「確証バイアス」は正しい判断力を奪い、さらには新しいアイデアを生むことも妨げると言われています。

ビジネスをしている人にとっては致命的です。

自己啓発本などで「人は思った通りの人間になる」という内容をよく見かけますが、これも「確証バイアス」によるもの。

「どうせ俺はモテないんだよ」と思っていると、モテない要因ばかりに目がいき、自分の魅力に気付きにくくなるのです。

では、「確証バイアス」から逃れるには?

では、どうしたら「偏った判断」をしなくなるのでしょうか?

それには、普段と逆のことをすること。

・いつもシャワーにしかはいらないなら、浴槽にお湯をためて浸かってみる。
・普段着ない洋服を買ってみる(友達に選んでもらう)
・あまり話す機会のない人に話しかけてみる

など、何でもいいので普段しないことをするのがおすすめです。
それによって自分の中の凝り固まった考えがほぐれていきます。

文章を書く際は、できるだけ中立に近い脳にしておく必要があります。

優れたライターほど色々な経験をしていますが、それはお客様の立場を理解するためでもあり、自分の中の思い込みを壊すためでもあります。

何気に深い心理学ですね。何かの参考になれば幸いです。


こぴたつ式「売れる文章が生まれる10の質問集」


文章を書いていると、行き詰まる時があります。どうしたら反応率のいい文章になるのか?どうしたら売れる文章になるのか?

そんな時に役立つ「売れる文章が生まれる10の質問集」です。


・反応率をもっとあげたい
・文章に行き詰まった
・商品やサービスを見直したい
・何から書いたらいいのか迷う


など、文章を作る際の問題点を解消するための10の質問です。
質問に答えると自然と「売れる文章」になっていきます。ぜひ、ご活用ください。



無料EBookをダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.