セールスライティング

お客様の「欲しい」を引き出す文章テクニック

ThinkstockPhotos-179051555

コピーライターのひらいです。前回、「必要なものは高く売れず、欲しいものこそが高く売れる」という話をしました。なぜなら、人は理性ではなく、感情で物を買っているからです。【文章の基本】人は感情でものを買い、理性で納得させる

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【ウソのような本当の話】文章に信頼を与えるには「デメリット」をアピールするのが効果的

1398621834qabv9

コピーライターのなかむらです。

たとえば、ここに枕があったとします。

「とても寝心地のいい枕です。頭にフィットするので、熟睡できること間違いなし。素材にも気を配っているため、肌さわりもよく、蒸れにくい枕です。しかもこんなに安いんです!」

と店員さんにすすめられたとします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

心に残るブログ文章の特徴とは?

ThinkstockPhotos-453001697

コピーライターのひらいです。

10年前とは比べ物にならないほどインターネットが発達したおかげで、多くの人がブログを書くようになりました。すごく便利でありがたいことなのですが、ビジネスで活用するとなると、「利用者が増えれば、それだけライバルが増える」ということになります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

詐欺師から学ぶ「売れる文章」に必要なたった1つの秘密とは?

アイキャッチ

コピータイターのひらいです。

いきなりですが、詐欺師ってどう思いますか? 「あまり質の良くない物を高く売りつける」という印象を持っているのではないでしょうか?もちろん、その通りです。

そして、あなたは詐欺師ではないと思います。こころを込めて商品を作り、 お客さんに誠実に対応していることでしょう。 真っ当で紳士的な商売をしていると思います。

でも、”どちらが儲かっているか”といえば「詐欺師」です。そんな現実を目の当たりにして「なぜあんな店が儲かるんだ?」 「うちの商品の方が絶対に良いのに!」 と、ストレスを感じているかもしれません。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【成約率を上げる秘訣】相手に “納得してもらえる” 説得をする3つのポイント

ANGRY

コピーライターのまつながです。

自分のサービスや商品を誰かに売る時、「説得」する場面が誰しもあるかと思います。

自分は営業じゃないから関係ないと思っている方、普段の生活の中でも、知らず知らずのうちに誰かを説得している場面があるかもしれませんよ。

もちろん、説得上手で相手が喜んで商品やサービスを買ってくれるのであれば問題はないのですが、説得してもなかなか聞いてもらえない、相手にわかってもらえない方は、もしかしたら説得のやり方をただ知らないだけなのかもしれません。

今回はそんな「説得」の心得をまとめていこうと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0