最小限の時間で最高の文章をつくる3つのコツ【コピーライティングを高める技術】


1395151499trqed

コピーライターのなかむらです。

人の時間には限りがあることは誰もが理解しています。ただ、その限られた時間を「どう有効に使おうか?」と考える機会は意外と少ないものです。

最小限の時間で、最高の文章を書く。

これはコピーライティングにおいて重要な技術のひとつです。そのために必要な「3つのポイント」をご紹介していきます。

集中力の限界を知る

私たちの集中力には限界があります。何時間でもパソコンの前に向かっているのは、実は効率が悪いと言われています。

思い出してみてください。小学校や中学校で、1つの授業はどのくらいの時間だったでしょうか?

大体45~50分程度だったと思います。

実は集中力の波は15分周期と言われており、そのため1つの授業は45~50分だったのです。

ちなみに大学の授業は90分が多く、やはり15分周期です。ただ、90分も集中力を持続させることができるのは若い人たちだけで、一般的ではありません。

それなのに、私たちはついつい休みなくパソコンの前に座り続けてしまいます。これが一番効率が悪いのです。

集中力を高めるには、適度に脳を開放することも必要で、おすすめは50分で区切る。

そして、10分休む。

このサイクルで時間を区切り、脳を休ませることで、高い集中力を持続させることができます。

その際、「14時から始めたから14時50分までにしよう」と始めるのではなく、スマホや時計のタイマー機能を使い、しっかりと時間を区切るのがおすすめです。

なんとなく始めたものはなんとなくで終わるので、しっかりと管理しましょう。

脳に酸素を届ける

私たちの肺の容量は、成人男性で3000~4000ml、女性で2000~3000mlほどと言われています。しかし、普段私たちが無意識にしている呼吸で取り入れている空気量はおよそ500ml。

普段、いかに呼吸が浅いかがよくわかります。

そして、ここからが重要なのですが、脳に届く酸素が少ないと、脳は働いてくれません。

集中力を持続させ、効率的に脳を働かせるには、脳に酸素を届けることが重要です。

そのために、

姿勢を正す

姿勢が悪いとさらに呼吸が浅くなります。この文章を読んでいる今も、姿勢が前向きになっていませんか?

背筋を伸ばし姿勢を正すことは、呼吸を深めるために大切です。

深呼吸をする

集中力が切れてきたときは、脳に酸素があまり届いていない状態です。

肺の空気を入れ替える気持ちで、1度深呼吸をしてください。脳に新鮮な酸素が届くようになり、活発に動いてくれます。

スマホを見えない場所に置く

メディア界で最も影響力があると言われる女性「アリアナ・ハフィントン」。彼女がこんなことを言っています。

『スマートフォンは素晴らしいツールですが、使い方によっては多くのものをあなたから奪う。』

スマホのおかげでとても便利になりましたが、その一方で、スマホは使い方を間違えると、いくらでも時間を奪う”時間吸い込み器”にもなります。

時間だけでなく、意識も奪う。1日をスマホに縛られることになります。

ですので、集中するときはスマホを見えない場所に置く。または、機内モードなどにして通信できない状態にしておく。

そうすることで、意識を目の前のことだけに集中させることができます。

同様に、文章を書いている際はパソコンでメールを確認したり、他のサイトを見たりしないようにすることも大切です。

「書くことだけに集中できる環境づくり」を自分で作ることが大切です。

まとめ

・作業時間は50分でひと区切りし、10分脳を休める
・脳に酸素を届けるために姿勢を正す。深呼吸をする。
・意識を奪われるスマホは見えない場所に置く

いかがでしたでしょうか?

ちょっとした工夫ひとつで限られた時間を有効に使うことができる、おすすめの方法です。

ぜひお試しください。


こぴたつ式「売れる文章が生まれる10の質問集」


文章を書いていると、行き詰まる時があります。どうしたら反応率のいい文章になるのか?どうしたら売れる文章になるのか?

そんな時に役立つ「売れる文章が生まれる10の質問集」です。


・反応率をもっとあげたい
・文章に行き詰まった
・商品やサービスを見直したい
・何から書いたらいいのか迷う


など、文章を作る際の問題点を解消するための10の質問です。
質問に答えると自然と「売れる文章」になっていきます。ぜひ、ご活用ください。



無料EBookをダウンロード

SNSでもご購読できます。