日本人に効果的な「バンドワゴン効果」とは?【心理学×コピーライティング】


14015307683zk5l

コピーライターのなかむらです。

小学校の時、クラスの中で新しいゲームやグッズなどが流行りはじめると、
「みんな持ってるから欲しい!」
と親におねだりしたことってありますよね。

同じような話だと、たとえば数年前から流行始めたFacebook。

「みんなやってるからやってみようかな?」
と周りに流されるようにFacebookを始めた方も多いと思います。

このように

・みんなが使ってるなら安心だ
・流行ってるものが欲しくなる

という心理を与える効果を
行動心理学で「バンドワゴン効果」と言います。

簡単に言うと、
「みんながやっていることなら正しい」
と思わせる効果です。

ちなみに、バンドワゴンとは、行列の先頭車のことで、
アメリカの経済学者、ハーヴェイ・ライベンシュタインが名付け親とされています。

日本人は流行に弱い

たとえば、2つのラーメン屋があったとします。

片方のお店は行列、もう1つのお店はガラガラだとしたら、
多くの人は
「行列ができているお店のラーメンのほうがおいしい」
と判断します。

一口も食べていないのに、です。

他には、
「あのドラマ面白かったよね」「最近これ流行ってるよね」
と友人達の中で話題になっていることがあると、
「自分もその流行にのろうかな」という心理が働き、
今までやったことのないものを始めたりします。

日本人は特に流行ものに弱いので、

みんながやっている=それなら安心
みんなが持っている=自分も欲しい

と考える傾向が強いんですね。

電車でおばあちゃんに席を譲りますか?

電車で足の悪そうなおばあちゃんが乗ってきた時、
すぐに席を譲れる人って意外と少ないですよね。

それは、周りの人がやっていないから。

みんながやっていないことだと不安に感じ、
譲りたいとは思っていても声がなかなかでないのです。

でも、周りに座っている人達が全員
「おばちゃん席どうぞ!」
と立ち始めたら、逆にあなたも積極的に席を譲ろうと考えるはずです。

これも、バンドワゴン効果のひとつ。

また、こんな面白い数字もあります。

2013年のニールセンの調査によると、
「TV広告を信頼する」という割合が62%だったのに対し、
「友人・家族の口コミを信頼する」という割合はなんと84%。

いかに「周りの評価」や「流行」に左右されているかがわかりますね。

・みんなが持っているものを持っていないと不安になる
・自分だけ恋人がいないとあせる
・会社に就職して働くことが安定だと考える
・平均以下だと悪いと考える

これらも全てバンドワゴン効果です。

ビジネスにおけるバンドワゴン効果の使い方は?

では、このバンドワゴン効果、
どのように使うと効果的なのか?

よく目にするのは

「○○部門第一位!」
「全米No1の話題作」
「5秒に1人が申し込んでいます」
「半年後まで予約いっぱいのレストラン」

など、多くの人が使っています、というアピールをすることで
「買うのは普通」という印象を与え、購入につなげる使い方です。

また、通信販売の番組で、申し込み数をテロップで表示して
「ただいま申し込みが殺到しています!ご注文はお早めに!」
と注文を促している番組がありますが、あれも同じ。

”こんなに購入者がいるんだよ”と思わせることで
商品に対する安心感を与え、購入を促す、という狙いがあるんですね。

購入率や売上に直結する、非常に効果的な働きをするのが
「バンドワゴン効果」です。

文章の中で、
 「みんなが使っている」
 「今流行っている」
というアピールができれば、売上につながります。

セールスレターなどに特におすすめできる効果ですね。

さらに心理学についての知識を深めたい方は、下の記事おすすめです。

【これだけは知っておきたい!】コピーライティングと相性抜群の心理学まとめ


こぴたつ式「売れる文章が生まれる10の質問集」


文章を書いていると、行き詰まる時があります。どうしたら反応率のいい文章になるのか?どうしたら売れる文章になるのか?

そんな時に役立つ「売れる文章が生まれる10の質問集」です。


・反応率をもっとあげたい
・文章に行き詰まった
・商品やサービスを見直したい
・何から書いたらいいのか迷う


など、文章を作る際の問題点を解消するための10の質問です。
質問に答えると自然と「売れる文章」になっていきます。ぜひ、ご活用ください。



無料EBookをダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>