編集の力で文章を読みやすくするコツ

kotobadaiet

コピーライターのひらいです。

最近は毎日に刺激がありつつも、
心には平安があっていい感じです。

ここまで20個ほどの記事を
書いてきましたが、

文章は進化していますか?
毎日がワクワクしていますか?
人生の質は上がっていますか?

ぜひこのブログで毎日を豊かにする
エッセンスを感じてみてくださいね。

今日はコピーライティングの話です。

もう一度、原点に返ってみて、
「どんな文章がいいのか」について考えてみましょう。

やはり、
「思わず、一気に読んでしまった・・・」
そんな文章が理想ですよね。

ではどうしたらそんな文章が書けるのか・・・

ここでお伝えしたいのはテクニックではなく、
考え方です。

「何を伝えるか」ということは
「何を伝えないか」ということです。

今すぐできることといえば、ムダをはぶくこと。

本当にその言葉は必要でしょうか。
難しい言い回しをしていないでしょうか。
その例えはもっと簡単にできないでしょうか。

コピーライティングの仕事をやっていて、
様々な方の文章を見させていただきましたが、
「半分くらい削っても意味が伝わる」
ということがよくあります。

洗練されたコピーというのは
シンプルでありながらも人の心に残ります。

キャッチコピーだと短い方がいい
というのはイメージしやすいでしょう。

それは書いている文章も同じです。

以前、「具体的に書いてください」と
お伝えしたので、頭が混乱しているかもしれません。

そういうときこそ、読む人の気持ちになってください。

最後まで一気に読めるかな
心が動くかな
と考えながら書いてください。

最終的には

「その文章を読んで自分だったら
行動したくなるか」

ということです。

自分が感動していないもの、
スゴいと思っていないもの、
面白いと感じていないものに
人が動くことはないでしょう。

なので、テクニックよりも
”マインドセット”や”あり方”が大切なのです。

まとめると、

お客さんを幸せに導く行動をしてもらうために
一気に読みやすい文章を書く必要があり、
そのためには、「何を伝えないか」を決める。

心の奥底にある本当に伝えたい事
をつきつめて考えてみてください。

あとはそれが伝わるように
できるだけシンプルにしましょう。


本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

高橋歩さんに聞いた 仲間を創る仕事術とは?

123people Vienna Marathon 2011

ひらいです。

下北沢のとある秘密基地で
とあるイベントに参加してきました。

自由人の代名詞ともいえる
高橋歩さん



初期から今までの歴代メンバー

が、
初めて集まって、
『仕事術』を語るというイベントでした。

床にビールを置いて、
枝豆をつまみながら聞いた
生々しいトークをお伝えします。


※臨場感を出すために
 高橋歩さんの口調で表現します。


■仕事術 その1

「すげぇやつばっかり集まって仕事しても
おもしろくねぇじゃん。」

友達とは仕事をするなっていうやつがいる。

だけど、俺は逆だと思うな。

仲間、友達でやるから楽しいんじゃん。

能力あるやつが集まって終わったら解散って
全然おもしろくないし、そこに感動はないよね。

4番ばっかり集まっちゃうと、
それぞれが穴を見つけ出すんだよね。

「あいつはここが悪い。」
「プロなんだからちゃんとやれよ。」

ってね。


もちろん「卓越した集団をつくる」
っていうのは当たり前だよ。

なぁなぁになるのはよくない。

でも、スタートは
「このメンバーで勝ちたいんだ。」
ってことなんだよね。


4番が不調のときは5番が打つ。

5番もダメなら9番が打つ。

9番のやつが決定的な一打を打ったりするから
「こいつとやってて良かったなー」
って思う訳よ。

それで最終的にエキスパート集団になる。

はじめはさー、

面白いか

好きか

ノリがあうか。

それなんだよね。

■仕事術 その2

「ポジティブだけじゃダメなんだよね。」

映画「カクテル」に憧れてバーをやるぜ
自分の本出すなら出版社作るのがはやいじゃん
沖縄に理想の楽園を作るぜ

ってビジョンかかげるじゃん

でも、ウラではちゃんと
経理と2人で話してんだよ。

本当に金ないんだなって。
借金がいくらあるんだなって。

自分でも「支払いやべぇ」
ってわかるんだよね。


「そんなもん魂だよ!!!」
ではどうしようもなくなる時も
あるんだよ。


だからそこで全部受け入れちゃう。

思いっきり見るんだよね。

今どうなっているかを逃げないで
きちんと見るんだ。


何も見てないのに、
「イェイ!いこうぜ!」
ではダメなんだよね。


お金はちょー大事だよ。


きちんと把握したうえで、
どういう作戦でいくのかをちゃんと考える。

そんでからあとは全部かたっぱしから
やってくんだよ。


成功するまでやり続ければ失敗じゃない。


■仕事術 その3

「俺の基準はさやか(奥さん)にとって
かっこいいかどうかなんだよ。」

家に帰ればさやかがいる。

外のやつにどう思われようとも、
さやかにとってかっこ良ければそれでいい。

だから家に帰ってさやかがかっこいいって
言ってくれるから外で思いっきりやれるわけ。

ちなみに、幸せとか自由はなるもんではなく、
感じるもんだからね。

自由とか幸せってどこにもなくて
感じる心だからねー。

幸せになろうとか自由になろうっていうのは
条件や環境じゃなくて、
心なんだよねー。

だから、単純に楽しいか、面白いか
が大切なんじゃないのかなー。


ということで、

ビンビン来た言葉の中でも
本質をついているものを
ピックアップしてみました。

やっぱり幸せな自由人は

「陰と陽」
「プラスとマイナス」
「正と負」



きちんとまるごと
受け止めているんだなーと

確信を深めました。


本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ゼロからはじめの1万円をつくるためのステップ その2

tobikomi

コピーライターのひらいです。

昨日はゼロから1万円をつくるステップとして、


・大切なのは「なぜ?」で、 
 「何を」「どうやって」はあとから

・人が共感するのは「理念」や「想い」

・世界観に共感した人が商品代金という 
 名の入場料を払う

ということをお伝えしました。

まずいちばんはじめに考えるべきことは
あなたがその仕事をする理由です。

家を建てるときもそうですが、
基礎がしっかりしていないと、
少しの衝撃でつぶれてしまいます。

それと同じで、きちんと土台を固めることで、
揺るがない軸ができていきます。

今日はそのあとの部分、
「マーケティング」と「セールス」の話をします。

おさらいになりますが、
あなたが売っているものは「世界観」であり、
その世界への入場料が「売上」です。


ということは・・・

「私はこんな世界をつくっていきます。
ここにくると、あなたの悩みが解決しますよ」

「へぇ〜、どんな風に解決できるんですか?」

「そうですね〜、1番おすすめは
 このアトラクション(商品)ですね〜。
 今までにないくらい楽しいですよ」

「良さそうですね。参加したいです。
 入場料はいくらですか?」

という、このやりとりこそがセールスです。

何かを販売するのではありません。
商品はあくまでツールです。


そして、マーケティングとは

「すいません。外からみかけたんですけど、
 面白そうだったのですごく興味を持ちました。
 説明してもらえませんか?」

と、
お客さんの方から聞いてもらうようにすることです。

これが「マーケティング」と「セールス」です。
もちろんこの2つも大事です。

しかし、昨日のことも考えると、
それより前に「なぜ」「誰にどうなって欲しいか」
が必要だということを実感できると思います。

なので、ぜひ「仕事をする理由」
を深く考えてみてください。

頭の中を整理するだけで、
売上が増えることは本当によくあります。

売上がまったくない人でも、
もう少し余裕が欲しい人でも、
うまくいっていて繁盛している人でも、

この根本を考え直すことで、売上は上がるでしょう。

なぜかというと、ビジネスをやっている
本人の中にパッションが燃え上がるからです。

楽しくないと、
気持ちがないと、
長続きはしませんよね。

ビジネス=「愛」なんですよね。

「奇跡のリンゴ」を作った木村秋則さんは
奥さんが農薬に弱い体だったからこそ、
不可能と言われていた無農薬栽培を実現しました。

あなたの家にあるキッチングッズも
誰かが便利にするために作ったものです。

今、これを見ているPCやスマートフォンも
これを作ればもっと多くの人が喜んでくれると
思って誰かが作ったものです。


さあ、あなたの愛はなんでしょうか?

どういう世界になればワクワクしますか?
どういう人が増えれば楽しそうですか?


それがある程度固まれば、
べらべら言いふらしましょう。(笑)

これはマジですよ。


そうすれば、

・それおもしろいね!
・なんか楽しそう!
・俺も思ってた!

って言う人が現れてきます。

人が集まってくるとますます楽しくなります。

そうすると、ますますしゃべります。
そうすると、ますます集まってきます。
そうすると、ますます楽しくなります。

この繰り返し、循環なんです。


「こういうことやろうと思うと、ワクワクしてさ〜」
「これをやってたら楽しくて、 
 ついつい朝までやっちゃってて(テヘペロ)」

っていう人がいたら素敵だと思いませんか?


「集客に困ってます・・・」っていう人は考え過ぎだと思います。

どういうところに人が集まるのか、
どういうところだったら人が行きたい
と思うのか。

楽しいところ、勉強できるところ、安心できるところ、
ワクワクできるところ、やる気が出るところ、
落ち着くところ、センスのいいところ、

いろいろありますよね。


その場所にあなたがなるんです。

ウンコにはハエしかきませんが、
花だったら蝶々がきてくれます。(笑)


「集める」ではなく、
「集まってくる」って感じです。


なんか知らんけど、
なんです。

想いを磨いてきれいな花を咲かせましょう。

ちなみに、僕は

・家族を愛するハートフルな人が多い世界

・「アサイーボウル食べたいなー」って 
 フラッと旅に出られるリッチで自由な人が多い世界

・好きなことをして豊かになっている人が多い


世界
が実現すればワクワクするなーと思っています。


その為に、人生を変えるほどの影響力をもつ
「コトバの使い方」を伝えていっています。


少しでも共感してくれたら一緒に成長していきましょう。

さて、

ゼロからはじめの1万円をつくるステップ
をまとめると、

1.なぜその仕事をするのか
2.誰にどうなってほしいのか
3.何を使うか
4.どうやって知ってもらうか

という順番で組み立てていくのです。

この項目をしっかりと考えて
順番に組み立てていけば、うまくいきます。

あなたの心の中にある
熱いハートを見つけましょう。

それが全てです。

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ゼロからはじめの1万円をつくるためのステップ その1

rail

ひらいです。

最近は漫画の「キングダム」に
はまっています。(笑)

つくづく「言葉の力をはスゴいなぁ〜」
と、感じています。

普段からよく本を読むのですが、
アマゾンランキングで人気の
「ZERO to ONE」という本を読みました。

ペイパルを創設した
シリコンバレーで注目されている
起業家が書いているのですが、

そんなことはどうでもよくて、(笑)

その副題が「ゼロから何を生み出せるか」
なのですが、

フリーランスになった時、
いちばん苦労したのが、
最初の1円を稼ぐことでした。


・どういう順番で
・どういう風に
・何から
・どのように考えればいいのか

分からなかったのです。


皆目検討もつかないというやつです。
(1回言ってみたかった)


ブログを書いても、
Facebookをやっても、
広告を出しても、
メンターに聞いても、

ことごとく、うまくいきませんでした。(笑)


なので、自分の経験をもとに
初めの1円を稼ぐためのステップを
お伝えします。

これは
時代や業種に左右されない商売の原則です。


「お金はどうやってあなたの手元にくるのか?」
「お客さんはなぜお金を払うのか?」

ということを、もう一度思い出してください。


これから詳しく説明していきますね。


まずは鼻息をおさえて、
息を整えてください。


・・・


・・・


・・・


・・・


では質問です。


あなたはなぜその仕事をしているのですか?
そもそも、なぜ始めたのですか?


拍子抜けをしましたか。


しかし、うまくいっていない人や
売上は上がっていても幸せでない人は
この部分が抜けているのです。

もしくは忘れてしまっているのです。


大切なことをどこかに置いてしまって

・何をするか?
・どうするか?

ばかりに注目しています。

もちろんそれも大切です。
絶対に必要です。

しかし、それはあくまでツールに過ぎません。


”あなたはそのビジネスを通じて
どういう未来にするのか”

ということが土台になるのです。

それはあなたがビジネスをはじめた時に感じた
心の奥底にあるピュアな気持ちです。

・お父さんを救ってくれた医者になりたい
・お母さんが喜んでくれたから美容師になる
・昔見た映画みたいに世界を飛び回りたい

その純粋な気持ちが強い根を張り、
大きな木を育てる土壌になるのです。

伝わるのは「空気」「想い」です。

人はその想いに集まるのです。

ディズニーランドはミッキーや
ミニーのグッズを
売りたいのでしょうか。

ビッグサンダーマウンテンや
スペースマウンテンや
タワーオブテラーに乗ってもらいたいのでしょうか。

違いますよね。

夢の国を売っているのです。
夢の国を感じてもらっているのです。

ディズニーランドの年間パスポートを
買っている人は

キャラクターも
アトラクションも
キャストさんも
含めた

ディズニーが作る”世界観”が好きなんです。

理念・想いに共感しているのです。


つまり、ビジネスは

「こういう世界を創りたいのですが、
一緒に創るのを手伝ってくれる人はいませんか?」

というものです。

でっかい花火をドカンと打ち上げて、
「この指と〜まれ!」
をするのです。

商品やサービスはあくまで、
それを実現するツールです。

この世界観づくりを手伝ってくれる人が
お客さんであり、その世界への入場料が
商品代金なのです。


あなたにも理想の世界があるはずです。

答えはあなたの中にあります。

ぜひ、1度時間を取って、
心を整えて考えてみてください。

次回はマーケティングとセールスの話をします。


本日も最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。