絶対的に売上を伸ばす7つのフレームワーク その1

yumemirushonen

ひらいです。

台風が去った後の空は キレイで良いですね。

さて、今日はよくご質問いただく
「どうやったら売上が上がりますか?」
にお答えします。

本当は 「イメージと波動です!」
といいたいところなのですが、
きちんとお答えします。(笑)


まずはじめにこの方程式を覚えてください。  

顧客数 × 単価 × リピート=売上
 

「なーんだ」って思いました?
「そんなの知ってるよ」って思いました?

それでも思うようにいっていないのであれば、
これを完全には理解していません。

売上は本当にこれだけなんです。

面白いもので、
それぞれを1.25倍にすれば、 売上は2倍になります。

では、「どうすれば売上があがるのか?」
について具体的な方法をお話します。

============
1.使う人を変える
============

マーケティングを勉強したことが ある人なら
「ターゲットはしぼったほうがいいよ」
と言われたことがあるかもしれません。

もちろん初めはそうですが、
伸び悩んでいるのであれば、
「使う人を変える」ことも考えてみてください。

例えば、

・大人のふりかけ
 →もともとふりかけは子供用だった

・こどもビール
 →大人の飲み物を子供用に

・キッザニア
 →職業体験を子供でも

・仕事旅行
 →大人でも職業体験したい

これらのサービスは「使う人を変える」
だけで、売上が伸びました。

「使う人を変える」だけです。

このようにあなたのサービスも
使う人を変えられませんか?

・これって男性が使ったらどうだろう?
・子供用にしてみても面白いかも?
・経営者の富裕層に限定してみよう!

などなど、色んな発想が生まれるはずです。

============
2.使う時間をズラす
============

忙しくて美容院に行けないって
経験はありませんか?

もっと遅くまでやってくれていたらいいのに・・・
という人たちに向けたサービスも
売上を拡大する方法の1つです。

例えば、

・明け方までやっているケーキ屋さん
 →ホストクラブなどで働く人が プレゼント向けに購入する

・夜中だけやっている畳屋さん
 料亭など営業時間外に張り替えたい人向け

・夜21時以降〜朝までの限定エステ
 →派遣でエステをして朝食まで作るサービス
 (主に忙しい経営者向け)

使う時間をズラすだけでとんでもない
ビジネスチャンスが生まれます。

朝が弱いなら夜だけ営業でもいいんです。(笑)

今あるやり方を1度疑ってみる。

これってスゴく大切なことです。
まだまだいきます。

============
3.人質を取る
============

ビックリさせてしまったらごめんなさい。

人質っていっても子供を誘拐して
身代金を要求するわけではないですよ。(笑)

これはリピート率の話です。

「リピート率を上げたい!」と思ったことは
1度や2度ではないはずです。

わかります。

「リピートする仕組みがない」ということは
「穴のあいたバケツに水を注いでいる」
のと同じですからね。

ではどうすればいいのか。

その答えが”人質を取る”です。

例えば、

・バーのボトルキープ
 →ボトルを入れることで何度も通います

・クリーニング屋さん
 →洋服を預けているので絶対に店に行きます

・スキー板やスノーボードを預かるスキー場
 →持って帰るのが大変な板を預かることで来年も
  同じゲレンデに(ワックスがけもするみたいです)

などなど、

「お客さんの何か」を預かることで
もう1度きてもらえないか。

この観点がリピートを促します。

もちろん、ムリヤリあずかります って
いうのはダメですよ。(笑)


次が4つ目です、
と、言いたいところなのですが、、、

長くなりましたので、次回にしますね。

本日も最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

ナルシストほどうまくいく この世の法則

最近のテーマは「基礎固め」。

こんばんは。ひらいです。

自己啓発を勉強しているとよくでてくる
「セルフイメージ」という言葉。

「幸せ」だと思っているか。
「不幸」だと思っているか。

「豊か」だと思っているか。
「貧困」だと思っているか。

セルフイメージとは
”自分で自分のことをどう思っているか”
という自己イメージのことです。

そして、 セルフイメージで人生が決まります。

いわゆる「思考は実現化する」ってやつです。

これは様々な成功哲学の本 にも書かれていますし、
実際に活躍されている方々にも
「セルフイメージを上げろ」
と言われることが多々ありました。

それを聞いた純情な感情の僕は
「どうしたらセルフイメージを上げられますか?」
って聞いたんですよ。

そうすると、

・セルフイメージが高い人と一緒にいること
・高級ホテルのラウンジでお茶をすること
・新幹線のグリーン車に乗ってみること

って言われたんですね。

”お金持ちの疑似体験をしてみる” ということをやってみました。

ところがやってみると、
ものすごーーーーーく 気持ち悪い。。

「どや!金持ちはこうなんや!」 と言い聞かせても、
どこかから 「えっ?何言っちゃってんの? 似合わないって。」
みたいな声が聞こえてくるわけですよ。

「やっているうちに自然と慣れる。
成功者の行動をまずまねることだ。」
と自分に言い聞かせて しばらくやっていました。

それでも、慣れることはありませんでした。

そこからというもの
「どうやってセルフイメージをあげるんだ?」
という問いは2年前くらいからずっとありました。

しかし、とある事業家の方のメルマガで
「そうだったのかーーーーー!」 と思わず唸ってしまいました。

それはなにかというと、
セルフイメージは高めるのではなく、
下からうめていく。

へ?

大切なことなので もう一度言いますね。

セルフイメージは 「高める」ではなく、
「ボトムアップ」していく。  

ボトムアップをしていくためには、
自分の良いところも悪いところもまるごと愛する
ことが大切なのです。  

「できている自分」を好きになるのではなく、

「できていない自分」も好きになる。

上に伸びようとしても 簡単に折れてしまう・・・

それはムリヤリ自信がある風に見せかけて、
足元を全く見ていなかったからです。

全身ブランド品で固めているけど、
実際は借金だらけで、中身スカスカ みたいな感じです。

物事には
「光と影」
「陰と陽」
「正と負」 があります。

良いところもあれば悪いところもある。
美しいところもあれば醜いところもある。

カッコいい自分しか好きじゃなかったら、
自分の半分しか受け入れていないことになる。

だから不自然でしんどいんですね。

どうすればいいかというと、
ただただ認めてあげる
しかないんですよね。

「たしかにそういう部分もあるよね。
今まで目をそむけてきてごめんね。
大丈夫だからね。大好きだよ。」
っていう気持ちで自分と接する。

幸せなオーラをまとっている人たちは
みんな自分のことを愛していました。

できない自分=○
できた自分 =◎
というスタンスなんですね。

この「自己愛」こそが セルフイメージの正体で、
基礎になるんだってことですよ。

基礎がしっかりしていない家は地震で崩れます。

根っこのない木はすぐに倒れます。

人も一緒。

丁寧に、少しずつ自分を認めて 基礎を固めていく。

これこそが成功者が持っている ブレない軸の正体だったのです。

やーーっと、
・どうせ愛されてるもん(心屋仁之助さん)
・自分大ちゅき(本田晃一さん)
の意味がわかりました。

そんな人たちはみんなハートフルなのです。

ちなみに、さらにその上をいく
「みんな私のことを好きになってしまう」
というセルフイメージもあるらしい・・・(笑)

最近は「基礎固め」というテーマが よく降ってくるので、
これも何かのサインでしょう。

一歩一歩進んでいきます。

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

追伸:
健康面でのボトムアップの為に
調味料の入れ替えを始めました。
○○健康法とかに惑わされず、
土台作りから行っていきます。

サイトマップ

Powered by Prime Strategy Co.,LTD.